ベリーショート

リアルな鉛筆デッサン作品①「ベリーショート」

 

こんにちは。

 

これがぼくの処女作になります。

 

わりと自分の中では満足な仕上がりになっています、なんせこれが鉛筆デッサンを意識して描き始めて、約半年ほどで描けた作品だったので。

 

今回の記事では、鉛筆デッサンの作品としての忘備録として残していきます。

 

鉛筆デッサンの作品①「ベリーショート」

鉛筆デッサン
きし
きし
始めて半年でここまで描けるようになりました。

 

男性ではありません、女性です。

全体的にバランス感がとれていたので良かったです。初心者のうちで最も多い失敗がバランス調整のミスです。

 

ぼくも最初の内はミスするのは全体のバランスが崩れることでした。

しかし、エスキースをしっかりとることによって大きな失敗が少しづつなくなっていくので、やはりとても重要になると思います。

 

質感なども、やわらかさを意識しながら描いて、リアルさを意識しています。

自分の中のリアルさのコンセプトは、「写真のようなデッサン」なので、線で描くのではなくて、面で形をつくっていくようにしました。

 

これまでの、デッサントレーニングが形になった気がします。

 

鉛筆デッサン

 

惜しいと感じるのは、もう少し顔をアップにすればもっとディティールがしっかりとしたデッサンになったんじゃないかなと、少し感じました。

モチーフも大事になります。

 

とくに目元と口元といった細かいところのディティールは描くスペースがないために、攻めきれなかったです。(もっと硬めの鉛筆を使えば良かった)

リアルな鉛筆デッサンでよく使う「鉛筆の硬さ・濃度」についてこんにちは。 鉛筆デッサンにおいて、「鉛筆」とはまさに主役です。 普段から、鉛筆を使う時はどの鉛筆の濃さを使いますか? ...

 

人物のモチーフはディティールが細かすぎて描くスペースも重要になると感じました。

 

鉛筆デッサン

 

逆に髪に関してはかなり描き込む回数が多く、かなり奥行きのあるタッチがつくれました。

 

始めは、2B〜6Bなどでベースをつくり、8Bなどで描写していったり、髪のさまざまな動きを再現したり、よく観察して描きます。

そして、髪を描く上で大切になるのは髪は同じ色でないということです。

 

髪にも光源の影響があり、一番彩度が高いところや暗いところがあり、色も全てが同じ色ではないということです。

それをさまざまな鉛筆で描くことで少ない回数で、あってもリアルな髪の毛を再現することができます。

 

さまざまな硬さの鉛筆で描くことでより、多くの鉛筆で描いているように感じるのがコツの1つです。

鉛筆デッサンの「黒髪」|初心者にも分かるリアルな描き方こんにちは。 今回の記事では髪の毛をリアルに描くについてをまとめていきます。 多くの人は・・ 「髪をリアルに描くこ...

 

4B、8B、Fなど、さまざまなタッチをかなり入れて、ペン型消しゴム、練りゴムなどコントラストもしっかりとつけることができました。

鉛筆デッサンの「消しゴム・練り消しゴム」の使い方|鉛筆以外の描写の方法についてこんにちは。 今回の記事では、消しゴムや練り消しゴムについてをまとめていきます。 鉛筆デッサンにおいて、「消しゴム」と「練り...

 

鉛筆デッサン

モチーフ的には、肌が多くの割合をしめていたので、肌の質感描写にはかなりこだわりをもってしました。

 

肌は基本的に面を使って描写するために、鉛筆の芯の作り方が重要となります。

鉛筆の芯が短いと芯の側面が使いづらく、長すぎると筆圧を強くすることができないため、芯を削る角度に気をつけながら練習する必要があります。

 

ポイントは鉛筆の先端も側面も両方を使えるような鉛筆にすることが重要です。

そのためにデッサンを描く時は細長く削るようにする必要があります。

 

できるだけ面をつくりやすくするための鉛筆を削るようにしましょう。

鉛筆デッサンのリアルな「肌の質感」を描くコツ|初心者にも分かる描き方 こんにちは。 今回の記事では、鉛筆デッサンにおけるリアルな肌の描写についてを紹介していきます。 人物デッサンの中では...

 

今回デッサンの作品をまとめると・・・

  • 全体的にバランスが良かったこと
  • 髪・肌の描写はディティールまでクオリティが高い
  • パースもキレイに描写できた

 

総合すると、自分的には満足のいくデッサン作品となりました。処女作ということで粗はあるものの思い出になりました。

 

デッサンをする上では、がむしゃらに上手く描くのではなくて、モチーフによって活かし方を考えることで、上手く表現することができると感じました。

例えば、今回では「肌」と「髪」にフォーカスしたように、時間のかけ方や描写を考えてすると短時間でもキレイにまとまります。

 

勉強になりました。

もっともっとデッサントレーニングします。

 

リアルな鉛筆デッサン作品②「女性のショート」 こんにちは。 今回はショートモデルです。 前回は、鉛筆デッサンを意識して描き始めて、約半年ほどで描け...
ABOUT ME
岸 和希
美容師しながら鉛筆デッサンをしています