Procreate(プロクリエイト)

【ColorDrop・リファレンスレイヤー解説】Procreateの塗り潰し機能を使いこなしてみよう

Procreateの塗り潰し機能の使い方と関連の役立つ情報です。

この塗り潰し機能は簡単にできる上にに、様々な塗り分けに約立つ機能の1つです。イラストを描く時には役立つのでぜひマスターしてみてください。

注意ポイントイラストのみの機能です。デッサンを描く時の鉛筆の画材には使えない機能になっています。

ColorDrop便利ツール一覧

Drag&dropする塗り潰し機能

Dragdrop

カラーアイコンを設定して、塗りつぶしたい囲いにdropするだけです。

しきい値の調整

しきい値

しきい値とは簡単に言うラインと塗り潰しとの境目のラインのことです。

リファレンスレイヤー機能

リファンレンスレイヤーとは?

  • インク(線画)のレイヤーと塗り潰し専用のレイヤーを別々に保持することができる。
  • ColorDropと組み合わせることで有効になる
  • 「リファレンスレイヤー」を有効にすると、別のレイヤーにColorDropすることができる

分かりやすく要約すると、ColorDropをさらに効果的に使えるようになる機能で、別レイヤーにColorDropができるようになる機能ということです。

IMG 0496
IMG 0498
IMG 0499

図で説明していくと、

  • 左:レイヤー上でリファレンスレイヤーを選択してレイヤをタップしてメニューを展開する、その中の基準をタップする
  • 真中:別レイヤーに別の色をColorDropをする
  • 右:基準にしているレイヤーと同じColorDropができます

ColorDropだけでも十分な機能ですが、さらに便利な機能になるのでリファレンスレイヤーでColorDropする習慣をつけると良いでしょう。

Procreateの基礎から学ぶ記事を別に用意しています、ぜひご参考くださいね。

関連記事>>>【Procreate機能解説10選】鉛筆デッサンの機能使い方まとめ

これからも色んな作品をiPadで作っていきたいです。

ABOUT ME
岸 和希
美容師しながら鉛筆デッサンをしています