デッサン人物画を毎日更新中(動画付)
目の描き方

鉛筆デッサンのリアルな「目」を描くコツ|初心者にも分かる描き方

iPadでも「リアルな目」を描いてみた

さらに、procreate でもリアルな目を描いてみました。

鉛筆の要領で描いているので、コツを掴めば、このぐらいならば、簡単に描きすすめることができます。

iPadでの使用画材は、HB、6B、8B、消しゴム、ぼかしの4種類です。

鉛筆の種類は3種類ですが、どの鉛筆も筆圧である程度の微調整ができるので3種類ですが、実際はかなりの多さになります。

IMG 0460IMG 0463

(上:下書1 下:下書2)

同じく、ラフにアタリをつけた後に、少しずつ濃さを調整しながら描いていきます。

描いた後は肌から描写して、周りを固めていきます。

IMG 0464
IMG 0465

(上:下書3 下:下書4)

iPadでも、同じ要領でぼかしのグラデーションを入れつつ、少しづつ、描き足していくようなイメージです。

やはり、リアルさを再現すのは手間です。

リアルな目を描いてみた仕上がり

IMG 0461

画材は上記のものだけで、制限時間を設けましたがこれで約10分ほどです。

10分の割には中々ではないでしょうか?というかiPadが便利すぎる。素敵すぎます。

画材も少ないものでも、それなりに筆圧などの調整でいろいろと描けるので、要は慣れることが重要かと思います。

しかもレイヤーも1枚しか使っていないために小難しいことは一切ありません。

タイムアタックしたものと。

追加で描き込んだものです。

鉛筆デッサンの「リアルな目の描き方」まとめ

鉛筆版とiPad版で描いてみましたが、シンプルに目は描いていて楽しいパーツです。

まつ毛や細かい毛、小ジワなどその人の特徴がおおいにあらわれる場所でもあるので、どれだけ描いても新鮮なので楽しいです。

目だけでなく全体通して言えることですが、やはり手間をかけて何層にもグラデーションをつけることが、鉛筆デッサンにおける「リアルさ」を出すコツになります。

描写する時には、よく観察して、目のパースをより精密に描写し、太細、濃薄を的確に表現することが、とても重要になるのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。

 

1 2
ABOUT ME
岸 和希
美容師しながら鉛筆デッサンをしています