デッサン人物画を毎日更新中(動画付)
鉛筆デッサン講座

【鉛筆デッサン攻略】初心者必見!リアルな人物の描き方まとめ

鉛筆デッサンで「リアルなアクセサリー」の描き方

きし
きし
アクセサリーは、直線的な強いタッチを多用して、硬質感を出すことと、表面に映り込む景色を丁寧に描くことの2点がポイントとなります。

タッチが目立ちすぎないように、加減しながら、金属らしい硬質感を表現していきましょう。

  • タッチやハイライトで金属らしい質感を表現する
  • 金属のツヤ感や陰影を丁寧に描くようにする

鉛筆デッサンで「金属」を描く流れ

基本的なことと言えば基本的なことなのですが、輪郭線のコントラストをしっかりとつけることがとても大切なことになります。

まずは、全体にエスキースし、アタリをとっていきます。細かいディティールに目がいってしまいがちですが、全体のバランスを見ながらシンプルに形を捉えるようにします。

かなり繊細な描写になります。金属なので歪みは目立つので基本は直線、バランスの良い曲線になるようにしっかりと見ながら描きます。

形をよく観察し、軽く陰影をつけながら、端々の形を具体的にとっていきます。

立体感を出すために、曲線が張り出しているところには濃い色をいれていきます。しかし、最初は光の反射や物の映り込みは細かく描写せずに、薄いタッチで入れていくことがおすすめです。

金属のツヤ感は、全体をティッシュペーパーでぼかして表現すると近いものができます。

陰となる所は、しっかりとぼかして、光が当たっている側はうすくぼかすように、モチーフを見ながら工夫して調整しましょう。

形が、複雑なところやポットの光沢が際立つところを積極的に描いていきます。陰の部分には練り消しゴムでハイライトを入れたりすることで、色のコントラストが強くなり金属らしい表現にもなります。

金属の縁には、消しゴムでハイライトを入れて、全体的な色の濃淡の調整すると「らしさ」が生まれます。

あわせて読みたい
鉛筆デッサンのリアルな「アクセサリー(金属)」を描くコツ|初心者にも分かる描き方こんにちは。 最近はアクセサリーをリアルに描くことに凝っています。 と、言うのも人物デッサンを描いていると、金属系のアクセサ...

 

初心者が人物デッサンを始める時に大事になること

きし
きし
ぼくが考える鉛筆デッサンをする上で、最も重要になることをお伝えします。ぼくにとっては、一番最初にネックになっていた部分でもあり、一番消耗していた事でもあります。

それは「才能の有無による価値観」です

個人的になりますが、デッサンは才能がいるなんて事を言われる方がいてますが、そんなものは必要ないという考えに至りました。

描くのはスキルであって、才能がなくても描く事は自体は可能です。

むしろ、ぼく自身も才能を感じずに取り組んでいましたが、それでもそれなりのデッサンを描く事はできます。

才能なんて言うものは、プロ級の画力のレベルです。

もっともっと高いレベルの話です。

なので初心者のうちから「 才能がない」という嘆きははっきり言って時間の無駄です。

才能なんて言葉だけで片付けてはいけません。

まずは描き続ける意識を持ちましょう

ぼく自身も、本格的に鉛筆デッサンを描くようになり、才能ではなくスキルが大切なんだなという事を実感しました。

なので描き始めたあとは描き続けましょう。

実際に、10ヶ月間描き続けたぼくの作品を3つほど並べてみます。

人物デッサン開始「6ヶ月目」

FullSizeRender 116

人物デッサン開始「8ヶ月目」

FullSizeRender 120

人物デッサン開始「10ヶ月目」

FullSizeRender 118

(これらは全て鉛筆のみで描いています)

ぼく自身の経緯は、鉛筆というものに縁がなく、学歴は中卒で美術の点数は2.5ほどでした(かなり甘くみています)

しかし、ぼくには人よりも継続力があったという自負があり、自分の長所を活かし上記にあるようなデッサンにたどり着くことができました。

ぼくの持論ではデッサンは「根気のトレーニング」というのを軸に進化してきました。

つまり、デッサンに必要なのはスキルだという価値観をもってやるべきなのです。

初心者が鉛筆で人物デッサンを始める時に必ず必要になる「3つの事」

そして、加えて初心者がデッサンを始める時に必ず必要な事を3つお伝えします。

鉛筆デッサンで大切な3つの事

  • 緻密性(ちみつせい)
  • 精密性(せいみつせい)
  • 継続性

細かいポイントをつかむ事、細かい点を見つける事、やり続ける事、基本的にはデッサンに終わりがありません。

できるだけ描き続ける事も大切なのです。

あわせて読みたい
鉛筆デッサン初心者が鉛筆デッサンを始める時に必ず必要になる3つの事こんにちは。 今回の記事では、鉛筆デッサンを始める時に気をつけるべき事について書いておきたいと思います。 初心者の方の方では...

リアルな鉛筆デッサンを描くための鉛筆の削り方

きし
きし
デッサンに使用する鉛筆は、芯の先端と側面の両方を使用するため、基本的にカッターで削ります。

鉛筆の芯が短いと芯の側面が使いづらく、長すぎると筆圧を強くすることができないため、芯を削る角度に気をつけながら練習する必要があります。

ポイントは鉛筆の先端も側面も両方を使えるような鉛筆にすることが重要です。そのためにデッサンを描く時は細長く削るようにする必要があります。

①まずは荒削り

カッターの刃の根元を鉛筆の橋から数センチのところに当て、鉛筆を持っている手の親指を使って。前に押し出すように削ります。

基本的にカット面では固定し、カッター刃自体は動かさないようにしましょう。

角度は急すぎずで少しずつ木の部分を削るようにしていきましょう。

②木の部分を調整

削ったところが均等になるように鉛筆を回しながら、徐々に削っていきます。

あまり大きく一気に削るよりは、すこしずつ形を見ながら削る方がキレイにつくれます、ここでもカッターの刃は動かさないよにしましょう。

③鉛筆の芯をつくる

鉛筆の芯が現れ始めたら、削る角度を変えずに力を少し弱めながら進めていきます。

鉛筆の芯はもろく折れやすいので、木の部分は強めに力を入れて芯に近づくと抜いていくように工夫をしましょう。

④全体を細長く削る

鉛筆の芯の中心軸がぶれないように気をつけながら、芯と木の部分と同時に削っていきます。

芯の部分が出すぎないように水平に削るように心がけましょう。できるだけ細長く削っていくことで、鉛筆の側面が使いやすくなります。

⑤キレイに調整していく

最後に鉛筆の芯の先端をとがらせてきます。

芯が折れないように注意しながら、あまり力を加えずに軽い調子で削っていきます。鉛筆の芯が同じ角度になるように鉛筆を回しながら調整していきましょう。

あわせて読みたい
リアルな鉛筆デッサンをする上での「鉛筆の削り方」こんにちは。 今回の記事では鉛筆の削り方についてを記事にまとめていきます。 「鉛筆なんて普通に削れればいいんじゃないの?」...

 

デッサンの鉛筆の持ち方、角度の付け方

きし
きし
鉛筆は、持ち方によって線の強弱や色の濃淡、細かい描写等、さまざまな表現ができます。ここでは鉛筆デッサンにおける基本となる持ち方のパターンを紹介します。

それぞれの持ち方の特徴を理解して実践していきましょう。

鉛筆デッサンにおける基本の持ち方

文字を書くときと形は同じですが、デッサンの場合は小指を立てて鉛筆を持ちます。

小指で画面を支えることで、手のひらで画面を無意識のうちにこすってしまうなどの汚れを防ぐことができます。

慣れないうちは力が入らにくかったり、うまく鉛筆を動かせなかったりしますが、いちど身に付くととても描きやすいため、積極的に活用しましょう。

小指を曲げて物

小指を曲げて爪で画面を支えることで画面をきれいに保つことができます。

他にも細かいところや、完成間近の描写の際に描く時などにも使えます。

例えば、仕上げの段階で鉛筆の先端を使って細部を描き込む時などによく多用します。

鉛筆を寝かせて持つ

やわらかい太い線が引けるとともに、筆圧の強弱がつきやすい持ち方となります。

アタリや、調子を作るときに適しています。

例えば、アタリをつけたい時に使ったり、ラフ画を書くときによく使用します。

鉛筆を長めに持つ

鉛筆の下の方を優しく持つことで、大きいストロークを描くことができます。

また筆圧の弱いやわらかな調子をつける時にも適しています。

例えば、肌の質感のようなやわらかくて大きな部分の質感を描くときに、鉛筆を長めに持つことで優しい調子をつけることができます。

鉛筆を短めにもつ

鉛筆の芯の近くの短く持つことで、強い筆圧で濃く太いタッチやストロークを描くことができます。

またしっかりと画面に色を塗り込んでいく時にも適しています。

例えば、肌や表情の陰影の調子をつける時や、服や物などにによく多用します。

あわせて読みたい
鉛筆の持ち方・角度のつけ方|デッサンのテクニックを紹介こんにちは。 リアルな鉛筆デッサンの描き方で最も重要になってくるのは、鉛筆の持ち方や角度のつけ方です。 「鉛筆の持ち方ってそ...

 

鉛筆のタッチについて

きし
きし
鉛筆のタッチに重要になってくるのは力加減です。基本的にどのタッチであっても力加減は同じです。鉛筆の使い方や持ち方によって変えるだけです。

筆圧はあまり強くするとキャンパスが傷んでしまうので、できるだけ優しいタッチを身に着けてそれぞれのタッチをマスターするようにしましょう。

やわらかいタッチ

鉛筆の芯の側面を使い、弱めの筆圧で描くタッチです。

アタリを描く時など、デッサンの初期描写・ラフ画などで多用します。

側面を使いやすいように、自分の好みの鉛筆の削り方を覚えて鉛筆をつくりましょう。

人物画では、ラフ画以外でも肌の質感をつくるのに、よく多用したりさまざまな質感に役に立つのが、このやわらかいタッチです。

硬いタッチ

鉛筆の先端を使用して、直線を刻むタッチです。

影になっている部分など、面を表現するときに多用します。

さらに、アウトライン(デッサンの輪郭線)などを、仕上げの際に硬いタッチで描くことでコントラストがついてくれて、立体感を表現もしてくれるので、仕上げの時に多用します。

これらの、やわらかいタッチと硬いタッチを基本軸によって以下のタッチと組み合わせることでも大きく変わります。

直線的なタッチ

鉛筆の先端を使用した直線の上から、向きを変えて直線を重ねて刻むタッチです。

細かい描写などで多く使用します。さまざまな質感や陰影にも多用することがあります。

曲線的なタッチ

複数の曲線を重ねたタッチです。

円など滑らかな面を表すときに多用します。こちらもさまざまな質感や陰影にも多用します。これは素材によって変えたりもします。

荒いタッチ

鉛筆の先端を使って、直線や曲線を織り交ぜたタッチです。

土の盛り上がりなど、荒々しい質感を表現することができます。服やアクセサリーなど装飾系の質感に多用していきます。

鉛筆を寝かせたタッチ

鉛筆の芯の側面を使用して、太くやわらかい線を描くタッチです。

陰影をつけるときによく多用します。

このタッチに重要になってくるのは、鉛筆の持ち方です。

鉛筆を寝かせて、鉛筆の芯に近い部分を持つのと遠い端の部分を持つのでもタッチの加減が変わるので、描写したい表現や質感によって使い分けをする必要があります。

寝かせてもつタッチは奥深いタッチです。

あわせて読みたい
「鉛筆のタッチ」について|デッサンの描写を紹介!こんにちは。 今日は「鉛筆のタッチ」について。 デッサンは基本的に、鉛筆の細い線や長い線だけでなく、薄い線や濃い線などさまざ...

 

【次のページでは、鉛筆デッサンの作品集をご紹介していきます】

1 2 3 4 5
ABOUT ME
岸 和希
美容師しながら鉛筆デッサンをしています